商品ラインナップLineup

  • アリス
  • ナターシャ
  • スターク
  • ステラ
  • エディ

お知らせNews

わたし達の想いOur thoughts

サーマルカメラの導入を促進することにより、
人が多く集まる施設における施設内感染や集団感染のリスクを低減する設備の充実を推進します。
経済はもちろんのこと、イベント業界の復興に貢献できるよう、
新型コロナウイルスの感染拡大防止を支援しております。
広告制作・イベント業で培った総合力を活かし、幅広いニーズに対応していきます。

導入までの流れFlow

ONE STOP Solution

誤差の少ない高精度、安心して導入できる製品をご提供致します。
設置の難しい製品は弊社で現調・設定・設置まで行い、お引渡し致します。

商品詳細Product

アリス 顔認証AIサーマルカメラ

アリス|Alice

顔認識AIサーマルカメラ

アリスは非接触で1秒以内という短時間で、同時に20名を検知することができ、効率的に測定できます。温度測定の誤差は±0.5度と高精度で、あらかじめ設定した以上の温度を検知した場合には画像アラートと音声アラートにより、即座に監視者に通知できます。また、AI機能を搭載しているため、顔認識の仕組みを用いてマスク着用の有無にかかわらず人の顔を検知します。また、人の額に焦点を当てた測定ができるため、より高精度な検出が可能です。三脚を使用して設置できるため、常設だけではなく、一時的な設置にも素早く対応できます。

  • 測定範囲温度

    30~45℃

  • 測定精度

    ±0.5℃

  • 測定距離

    1.5~3.0m

  • 同時測定人数

    20人

  • AI機能

  • 顔認証(顔認識)

    (顔認識)

  • アラーム機能

  • 録画

  • マスクチェック

    OP機能

  • 動作環境温度

    10~35℃

  • 防塵防水機能

    IP54

  • 音声対応

ナターシャ ハンディ型サーマルカメラ

ナターシャ|Natasha

ハンディ型サーマルカメラ

ナターシャは体表温用に特別に設計されたハンディ型タイプのサーマルカメラ。1m先でも測定可能で、腕を伸ばせば実質2m弱の距離で安心できます。160×120の解像度のサーマル検知器が装備されています。1秒以内という短時間ですばやく検出します。あらかじめ設定した以上の温度を感知した場合には画像アラートでお知らせします。温度測定の誤差は±0.5度と高精度で、三脚を使用して設置できるらめ、非接触でのご利用が可能です。

  • 測定範囲温度

    30~45℃

  • 測定精度

    ±0.5℃

  • 測定距離

    1.5m以内

  • 同時測定人数

    1人

  • AI機能

    ×

  • 顔認証

    ×

  • アラーム機能

    ×

  • 録画

    ×

  • マスクチェック

    ×

  • 動作環境温度

    10~35℃

  • 防塵防水機能

    IP54

  • 音声対応

スターク 同時検知AI顔認証サーマルシステム

スターク|Stark

同時検知AI顔認証サーマルシステム

スタークは最上位機種です。瞬時に30名を検知することができ、高精度でリアルタイムに測定できます。顔認証による追尾・定期測定を行うことができるので、従業員様の健康管理などにもご活用できます。
測定幅が広いため大人数での来場者が想定される施設でのスクリーニングが可能です。混雑した公共エリアで発熱者を発見する事ができ、検査や検疫のために学校・病院・イベント会場などの場所で広く使用できます。

  • 測定範囲温度

    30~45℃

  • 測定精度

    ±0.3℃

  • 測定距離

    3.0~5.0m

  • 同時測定人数

    20人

  • AI機能

  • 顔認証(顔認識)

    (顔認識)

  • アラーム機能

  • 録画

  • マスクチェック

    OP機能

  • 動作環境温度

    0~40℃

  • 防塵防水機能

    IP66

  • 音声対応

ステラ セキュリティ顔認証AIタブレット

ステラ|Stella

セキュリティ顔認証AIタブレット

ステラは、顔認証アクセス制御温度検知スクリーニング機能が統合されたデバイスです。ドアロックと連携して使用するので、入退室記録も管理可能で、勤怠管理にも応用できます。企業・工場などのシーン以外でもセキュリティエリア管理として利用でき24時間ジム・ホテル・キャンパス・デパートなどの多くの施設で使用できます。
また、顔認証機能を活用しマスク着用義務の制限もかけられます。

  • 測定範囲温度

    30~45℃

  • 測定精度

    ±0.5℃

  • 測定距離

    0.3~2.0m

  • 同時測定人数

    1人

  • AI機能

  • 顔認証


    (3Dステレオレンズ)

  • アラーム機能

  • 録画

  • マスクチェック

    OP機能

  • 動作環境温度

    10~35℃

  • 防塵防水機能

    屋内

  • 音声対応

エディ 顔認証AI温度検知タブレット

エディ|Eddy

顔認証AI温度検知タブレット

エディはAI顔認証機能と温度検知機能があるタブレットタイプです。1名ずつ確実に高精度な測定できます。顔認証機能を活用しマスク着用義務の制限もかけられます。エディの基盤は安心のドイツ製で、2つのカメラとフラッシュが一体型になるよう特別に設計されています。フラッシュを内蔵することで、暗いところでも検温が可能です。温度測定の誤差は±0.3度と高精度です。顔の登録者数は3万人なので、企業の入り口などに利用されています。

  • 測定範囲温度

    36~42℃

  • 測定精度

    ±0.3℃

  • 測定距離

    0.5~2.5m

  • 同時測定人数

    1人

  • AI機能

  • 顔認証

  • アラーム機能

  • 録画

  • マスクチェック

  • 動作環境温度

    -20~60℃

  • 防塵防水機能

    IP66

  • 音声対応

医療機関における新型コロナ感染拡大防止対策に
要する費用補助についてAbout subsidy
病院(医科・歯科) 200万円+5万円×病床数
有床診療所(医科・歯科) 200万円
無床診療所(医科・歯科) 100万円
薬局 70万円

(補助限度額)

  1. 1.補助対象者

    保険医療機関である全国の内科・小児科・外科・眼科・耳鼻咽喉科・整形外科・産婦人科・皮膚科・放射線科・歯科などの保険医療機関が対象。
  2. 2.申請受付期間

    令和2年7月20日(月)から令和3年2月28日(日)まで。
  3. 3.補助対象期間

    令和2年4月1日から令和3年3月31日までにかかる費用が対象となります。
  4. 4.補助対象経費

    新型コロナウイルス感染症に対応した感染拡大防止対策や診療体制確保等の取組に要する費用が補助対象です。
  5. 5.補助率

    補助対象と認められる経費の10/10。新型コロナウイルス感染症に対応した感染拡大防止対策や診療体制確保等に要する費用が補助対象です。
  6. 6.取組の例

    発熱などの症状を有する新型コロナ疑いの患者とその他の患者が混在しないよう、導線の確保やレイアウト変更、診療順の工夫など。医療従事者の感染拡大防止対策(研修、健康管理等)

※例示であり、これに限られるものではありません

補助金の大きな特徴feature

  • 補助金の交付率は10/10

    厚生労働省交付要綱による医療機関・薬局等における
    感染拡大防止等支援事業として、サーマルカメラの導入に掛かる費用の交付率は10/10(100%)になります。
  • 全国の医療機関が対象です。

    新型コロナウイルス感染症の院内等での感染拡大防止を
    防ぐための取組を行う病院・診療所・薬局が対象です。
    (ただし保健医療機関のみ)

一貫したサポートConsistent support

相談から設置後まで一貫してサポート致します。

感染症対策を考えられている医療機関の
皆様に申請から納品まで一括サポートを
行っております。

国が推進事業として感染拡大防止対策を支援しています。弊社は導入を考えられている医療機関の方々をサポートしております。

日本全国の医療機関に対応致します。

日本全国の医療機関が対象となります。
オンラインでのご相談も含め、全国対応可能です。実機を確認されたい場合、弊社スタッフがデモに伺わせて頂きます。

導入によるサポート費用は
頂いておりません。

サーマルカメラ自体に掛かる料金以外の
費用は頂いておりません。
導入によるサポートは無償になります。

  • まずはご相談ください

    導入をお考えでしたら、一度ご相談下さい。
    院内にあった製品を提案します。
  • お見積り・ご購入

    お客様のニーズにあった
    サーマルカメラを
    ご提供致します。
  • 設置

    納品に伺わせて頂き、サーマルカメラの
    設置・工事を行います。
  • 申請サポート・交付

    申請のサポートをおこないます。交付が決定した後、指定された
    補助金が交付されます。

基本的には補助金については、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐための取組を迅速かつ円滑に進めるため、
(1)事業に要する経費を全額で概算払(前払い)を行い、
(2)事業実施後に実績報告書(精算書)を提出し、
(3)精算額が概算払額を下回った場合は、差額を返納していただく制度となっております。

デモや資料送付など、まずはお気軽にご相談下さい!

お問い合わせContact us

お名前必須
電話番号
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須